FC2ブログ

やる夫スレ庫

私が読みやすいようにまとめてるだけです

やる夫は次男のようです

                   ____
                  /      \
                / ─    ─ \
             /   (●)  (●)  \     .,ィ⌒ー、
             |      (__人__)     |     .,ィ! r' / ヽ
                 \     ` ⌒´   ,/     ∨ヽィ__//
              _r:{:::::::::;;;;`マ´イ:::::/`ー--ミ、_/ !| ト_`イ!|>,
           _,...::´:::::::::::`:::::::::|;i;|:::::::::::::::::::::::::::::::/ .| ! ト、マ !.l. }
          ,..:<:::::::::::::::::::::::::::::rイ:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ' Ⅶ! j. l_,」   出稼ぎから戻りましたお。
          ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::○:::::::::::::::::::::::::::::;′   .N_/ .|:::!
       .!::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;′    ヘ/. .|:::|    あ、お土産は牛と馬と金ね。
       j:::: ヘ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::;′     .ヽ/..|::ハ
.       /::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::;' (⌒ー、  '   .|::::i                     紙切れはスルーで。
      /::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::|::○-:::::::::::::::::::::{ ,ミ≧__」     j:: :|
      /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::Vミヾニ=       ハ:/
.     l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::λ`-'"     /::/    ――お?
.      |::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::′\       イ`´
.      |::-‐¬ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::!   `ー-- <



   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  ___   __|
  /--[___]―[__]',
  |     nl`l_   |   お帰りなさいませやる夫様。
  ヽ、   (  ノ  ノ
    >  > <  <    お疲れのところ申し訳ございませんが……事件が発生しました。


      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)  おかえりなさいませ!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

      村人一同




       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n    事件て……しかも寄り合い衆が全員集まるとか何事だお?
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''



         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ    ……俺から説明を。
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(     やる夫様、俺たち寄り合い衆の決定で
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ    やる夫様の元家族三人を拘束しました。
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /

        フェイトの父  泰三




        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |   は? 連中なにやらかしたの?
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \   
    \_(__)      i\(__)



            }i|ハi从}i{{l|W从川{ {从i|{  i !        {_
            V   }ハハ{V   Vハ{{i{ハ :{i|!       {{`′
               }            |W从小j!i !i|  ,  、_≧ァ
             ム              |/}イ小j}}_} }!}W¦ 「广
            」__\、    _  -‐    |/}/从从从i{ハ {
           { f≧メ}、_,)≦二 __         |/ムi7'⌒V小!|W
           ‘斥沙′`} ]三三ミF¬==≠f/   }仆{ハ!
            { /  ‘弐三三ヲ      }小/  从}Ⅵド
             ∨     ` ̄´       l/ノ__//从Wバ   ……公文書偽造と、それに伴う年貢の私曲。
             }〉--、              _ イ/}|V/
         :       く_、__            /  厂´}i||V|ト|{     要するにちょろまかしです。
         :      /∠}厶_       /   /  |ハ|」{i
        :   // }>r‐ `        _/    |从{了
         :. //    }i|l}ト、_    _  -‐          / {_
        `゙´       ゙ー≠≧=≠             /   {ヘ._
              _/    l           /      ,′ \_
             ´ ハ      |        /       /     }\
             /   { ‘.    」     /       /    ,′


         ____
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                            ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
         イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・




         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   ここここここ公文書偽造て……
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/      しかも脱税!?
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /       どういう事だお!?




   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  ___   __|
  /--[___]―[__]',    ここからは私が。
  |     nl`l_   |
  ヽ、   (  ノ  ノ    開墾に伴う減免措置が大本の発端です。実は――
    >  > <  <




      ,.:.:―:.:.、  __
     i:.:./⌒∞‐.:'´:.:.:.:.:.:.`ヽ、
     ヾi ,/:.:.,:.:.l:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.\
        //,:.'/l;/ヾl;/ヾハ,:.:.:.:、:.:.ヽ
        〃:.{_{  ノ u ヽ、リ|:.:.:.:.:.:.i|
        レ!小l=(@)=(@)从::.|、:i|   開墾手伝っても減免は雀の涙……
        ヾ|l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃jノ/
        |ヽ ∩ノ ⊃  /|.:.!
         ヾ::l/ _ノ, イァ_i.:/
          / ̄ /|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、


  ______
 <ー\ヾiγ/rニミ
.  \ヾヽリ川//γ
   /  ー  ‐\
   |   ( ◎) ( ◎)
   |     (__人__)   おまけに配分はまだまだ先……
   | ∴∵ `i  i´ノ
   |   .   `⌒ }
   ヽ  ij    .}
    ヽ     ノ
   /      ヽ
  /         ヽ,


      __Ω___
     /|;;;;;;;;;;;;;;;;|\
     |__|;;;;;;;;;;;;;;;;;|__|___
   /  _ノ  ヽ、_  \     三反五畝のdo夫になんで嫁が来ないんだお!
  / o゚((◎)) ((◎))゚o \
  | :: ⌒Y__人__Y⌒ :: |    セクロスしたいお!
  \     `⌒´    /




             /)
           ///)‐.:'´:.: ̄:.:`ヽ、
          /,.=゙''"/.,:.:.l:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /     i f ,.r='"-‐'つヾl;/ヾハ,:.:.:.:、:.:.ヽ
  /      /   _,.-‐'~' \  / リ|:.:.:.:.:.:.i|
    /   ,i   ,二ニ⊃(@)=(@)从::.|、:i|   そもそも……私たちはやる夫の家族よ!
   /    ノ    il゙フヾ|l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃jノ/
      ,イ    ,!,!   |ヽ   ヽ._)   /|.:.!    士分扱いが当然でしょうが!
      /     ィ"   ヾ::lヘ,、 __, イァ_i.:/


.    ______
   <ー\ヾiγ/rニミ
.    \ヾヽリ川//γ
    /    _ノ \
    |    ( ◎)(◎)
    |     (__人__)
     |  ∴∵ ` ⌒´ノ      ……そうだ! やる夫の身代は一町まで膨れ上がって小作まで使いだしたのに
     |.          }
   ,..-'ヽ.       }       アイツは実家を放り出して何をやってるんだ! 嫁に家には牛やら馬やら下げ渡してるくせに
  ./::"::::`ヽ、.,____ノ
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _  こっちには麦一俵も回って来ない! どうなってるんだ!
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ


      __Ω___
     /|;;;;;;;;;;;;;;;;|\
     |__|;;;;;;;;;;;;;;;;;|__|___
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((◎)) ((◎))゚o \   レヴィたんに声掛けたらフェイトに絶対零度の視線で睨まれたお……
  | :: ⌒Y__人__Y⌒ :: |
  \     `⌒´    /




――母は怖し


   __ _,. ‐'´/                                ヽ
   `ヽ、__/     /                               |
        / /  /  ,'   !                  l  l l.     l
   .    / /  /   l ,   l      l! / ∧     |  l |  |: l:     |
       |イ  /     | !  :l :|.     !:l. /:::::::V   :!  l:.l  l:.:!:l:    l
        |  !   | .| | --l─l─‐十''| |::::::::::| 」:lート─┼|‐l--l:|: !:  |
        '., ト、 l  | . .:_;lz┬笹ッvドヽ|::::::::::j/l;ィr笹ゥ‐z、!_/!:.!l:.:.   .:l
   .      ヽ|. \ト, Ⅳ|^` 、ヾニノ .::::::::::::::::::::::l:|:.ヽニノ,.^` :! リ l: . .|   レヴィに気安く声掛けんじゃないわよ……
          l .| | ハヽ!:::::`":::~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`":::~::::::::/|  l   l
   .         | |  レ∧:ヘ:                   ::::/:イ  l   :|      このクソ虫が……!
          |  | .ヽ| l: :ヘ         .!        /:  l  |   l
           ! |   i | |:.:.ヽ、        .__        ム : !l  l!   !
           ! |   i | ハ  !\              /::: \ l:.:.|:   l
           l:. |   i |  ヽ .l:';:丶、         ,.ィ´;'::::    l  リ、 .:'、


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
           о
          。

      __Ω___
     /|;;;;;;;;;;;;;;;;|\
     |__|;;;;;;;;;;;;;;;;;|__|___
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((◎)) ((◎))゚o \   怖かったけどティンコがエレクトしたのは秘密だお……
  | :: ⌒Y__人__Y⌒ :: |
  \     `⌒´    /



.    ______
   <ー\ヾiγ/rニミ
.    \ヾヽリ川//γ
    /    _ノ \
    |    ( ◎)(◎)
    |     (__人__)
     |  ∴∵ ` ⌒´ノ         こうなったら俺たちで年貢を決める!
     |.          }
   ,..-'ヽ.       }           俺たちはやる夫の家族で、やる夫は代官の代官……
  ./::"::::`ヽ、.,____ノ
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _   つまり俺たちにも代官の代官たる権利があるんだ!
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ    減免率を決めて何が悪い!?
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'        当然の権利だ!
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ


          __Ω___
        /|;;;;;;;;;;;;;;;;|\
        |__|;;;;;;;;;;;;;;;;;|__|___
         |i! |i! |i! |i!
        ノ L____
       ⌒ \ww/\
      / (◎) (◎)\
     / :: ⌒Y__人__Y⌒:\
     |       |::::::|     |    そうだお!父ちゃんの言うとおりだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i    do夫達一家は代官の代官の代官……
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ   つまりお代官様なんだお!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl    年貢を受け取る立場なんだお!




             /)
           ///)‐.:'´:.: ̄:.:`ヽ、
          /,.=゙''"/.,:.:.l:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /     i f ,.r='"-‐'つヾl;/ヾハ,:.:.:.:、:.:.ヽ
  /      /   _,.-‐'~' \  / リ|:.:.:.:.:.:.i|
    /   ,i   ,二ニ⊃(@)=(@)从::.|、:i|   そうと決まれば早速書状の作成よ!
   /    ノ    il゙フヾ|l⊃ 、_,、_,  ⊂⊃jノ/
      ,イ    ,!,!   |ヽ   ヽ._)   /|.:.!    やる夫の名前で作れば誰も文句は言えないわ!
      /     ィ"   ヾ::lヘ,、 __, イァ_i.:/



⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
           о
          。
   |\        /|
   |  \──< . |
   レノゝ       |
  / ⌒ ^    ^  ',   ――ってな感じで、やる夫様の印鑑無しの書状をもって、年貢米が納められてる名主の米蔵に突撃。
  |     ___  ノゝ|
  ヽ、ノゝ \/ ⌒ノ   いま申し上げた超理論を開陳してた所を、駆けつけた寄り合い衆と私で取り押さえました。
    >      <





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |   
/      |!!il|!|!l|  /    「」
      |ェェェェ|




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /    パクパク
      |ェェェェ|

開いた口が塞がらなかった。 年貢の減免率はドクオが定めた通り、一反開墾に付き三升の減免。

充分に元の取れる減免率だった。それを雀の涙と不満を並べ、

あまつさえ自分達を代官と同一視した無礼極まる言動。

四年前の陰田騒ぎを穏便に解決したのが、彼らを増長させてしまったのだろうか……

そんな考えがやる夫の頭をループした。




   |\        /|
   |  \──< . |
   レノゝ       |
  / ⌒ ^    ^  ',
  |     ___  ノゝ|   やる夫様。代官の名代たるやる夫様の御裁可をお願いします。
  ヽ、ノゝ \/ ⌒ノ
    >      <    ……四年前の件も加え、もはや言い逃れはできませんが。



      ∧,,∧  .∧,,∧
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)  御裁可を!
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'


         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \   あ…えっと…
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

  言うまでも無い。死罪以外ありえない。村八分や追放で済む話ではないのだ。

 だがやる夫は死罪の三文字を口にする事ができなかった。

 自分でも解らない。既に縁を切り、妻も子供もいる。何の未練も無い筈だった。

 理解してても口に出せなかった。



         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \  さ、裁可は……
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

 

             }〉--、              _ イ/}|V/
         :       く_、__            /  厂´}i||V|ト|{
         :      /∠}厶_       /   /  |ハ|」{i
        :   // }>r‐ `        _/    |从{了
         :. //    }i|l}ト、_    _  -‐          / {_
        `゙´       ゙ー≠≧=≠             /   {ヘ._     ……
              _/    l           /      ,′ \_
             ´ ハ      |        /       /     }\
             /   { ‘.    」     /       /    ,′
.         /       !  }i  /     ハ      , '      /
        /      |/∧/      {  ヽ.     /     /
          /      / / {\    _」    \/       / /




          、_/N从マ大W从\l ヘ卅从W勹災七災七
          乂;从l勹|\| \l    ヘW从ダミ从オミ仆匕
           ̄Y毛l\l  ヽ       \W勹災七卅从
               ヘl\l            , r '´
               ', ;;  /    , r ' ´
                ',;;; / , r ';;´''
               j ,イ、'´
                  l //ハ                    まあ、村役さんもやる夫様も
                 `lヽ//i
               `| ` '                     暫く待って下さいや。
                    l
                l
                 l__r‐
                       `i
           _____ヽ==‐―'            /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l           /
                          `ヽ       /
                         弋ilililililililiツ
                       `'''''''''''´ .`ヽ
                                   ',
                                   ',



         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |   へ?
    \  u   `⌒´   /




         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル      確かにやる夫様は村で代官様の名代的なお立場の方だ。
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ     だが、失礼ながら名代「的」であって正式な名代じゃねぇ。
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __   この件は正式なお代官様であるドクオ様の裁可を頂く必要があるんじゃねぇか?
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ  もしこの一件を俺たち寄り合い衆と村役、そして名主様とやる夫様の独断で裁いたとあっちゃあ……
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /       
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /



            }i|ハi从}i{{l|W从川{ {从i|{  i !        {_
            V   }ハハ{V   Vハ{{i{ハ :{i|!       {{`′
               }            |W从小j!i !i|  ,  、_≧ァ
             ム              |/}イ小j}}_} }!}W¦ 「广
            」__\、    _  -‐    |/}/从从从i{ハ {
           { f≧メ}、_,)≦二 __         |/ムi7'⌒V小!|W   お代官様の機嫌を損ねるばかりか……
           ‘斥沙′`} ]三三ミF¬==≠f/   }仆{ハ!
            { /  ‘弐三三ヲ      }小/  从}Ⅵド    せっかく減免措置を頂いた開墾計画がパァに
             ∨     ` ̄´       l/ノ__//从Wバ
             }〉--、              _ イ/}|V/       なるかもしれねぇ。
         :       く_、__            /  厂´}i||V|ト|{
         :      /∠}厶_       /   /  |ハ|」{i        そいつは……村にとって有益と言えるのかい?
        :   // }>r‐ `        _/    |从{了
         :. //    }i|l}ト、_    _  -‐          / {_
        `゙´       ゙ー≠≧=≠             /   {ヘ._
              _/    l           /      ,′ \_
             ´ ハ      |        /       /     }\
             /   { ‘.    」     /       /    ,′
.         /       !  }i  /     ハ      , '      /
        /      |/∧/      {  ヽ.     /     /
          /      / / {\    _」    \/       / /



     確かに……

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧   折角の減免がなくなるのは……
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u    無駄足かも知れないけど確認取ったほうが……
     `u-u'. `u-u'

   だな、わざわざ機嫌損ねる必要ないわ。



   |\        /|
   |  \──< . | ボソボソ
   レノゝ       |
  / ⌒ ^    ^  ',   泰三くぅ~ん……
  |     ___  ノゝ|
  ヽ、ノゝ \/ ⌒ノ    どういう事かな?
    >      <


         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ   連中に煮え湯飲まされ掛けたのは俺も同じだ。
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(    だが、ここは婿殿に時間を差し上げちゃ貰えませんかねぇ?
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /




   |\        /|
   |  \──< . |  
   レ l `.、   , .フ
  /  = ` " = ',
  |     ,_,_,_,   |   てめぇ……情に流されたか!?
  ヽ、   , , ,┃ ノ
    >      <

            }i|ハi从}i{{l|W从川{ {从i|{  i !        {_
            V   }ハハ{V   Vハ{{i{ハ :{i|!       {{`′
               }            |W从小j!i !i|  ,  、_≧ァ
             ム              |/}イ小j}}_} }!}W¦ 「广
            」__\、    _  -‐    |/}/从从从i{ハ {
           { f≧メ}、_,)≦二 __         |/ムi7'⌒V小!|W
           ‘斥沙′`} ]三三ミF¬==≠f/   }仆{ハ!
            { /  ‘弐三三ヲ      }小/  从}Ⅵド
             ∨     ` ̄´       l/ノ__//从Wバ
             }〉--、              _ イ/}|V/     いけませんか?
         :       く_、__            /  厂´}i||V|ト|{
         :      /∠}厶_       /   /  |ハ|」{i        縁切り済みとはいえ、血の繋がった親兄弟を処断せざるを得ない義息に、
        :   // }>r‐ `        _/    |从{了
         :. //    }i|l}ト、_    _  -‐          / {_        心の整理を付ける為の時間を用意するってのは……間違いですかい?
        `゙´       ゙ー≠≧=≠             /   {ヘ._
              _/    l           /      ,′ \_
             ´ ハ      |        /       /     }\
             /   { ‘.    」     /       /    ,′
.         /       !  }i  /     ハ      , '      /
        /      |/∧/      {  ヽ.     /     /
          /      / / {\    _」    \/       / /





   |\        /|
  ; | u\──< . |
   レ  ノ  u ゝ_|;
 ;/ -=・=-  -=・=-
  |u          |;  ぐぬぬ…しかしだな、ここで時間を与えて、
 ;ヽ、u  ^+++] uノ
    >     <    やる夫様が情に流されたら、それこそ……




         ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル      ……父親の顔してましたぜ。
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ      親兄弟より大事なモノを持った男の顔です。
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __    そういう人間が、今更誇りを被った情に流されるもんですか?
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /




   |\        /|
   | u\──< . |
   レ  ノ  u ゝ_|
  /  ●    ● ',
  |u          |   ……
  ヽ、u      uノ
    >     <



          、_/N从マ大W从\l ヘ卅从W勹災七災七
          乂;从l勹|\| \l    ヘW从ダミ从オミ仆匕
           ̄Y毛l\l  ヽ       \W勹災七卅从
               ヘl\l            , r '´
               ', ;;  /    , r ' ´
                ',;;; / , r ';;´''
               j ,イ、'´
                  l //ハ                     それにね、村役さん。
                 `lヽ//i
               `| ` '                      どんなにやる夫様が情に流されようが、連中の死罪は動かないんですよ。
                    l                    
                l                         やる夫様は士分で、ドクオ様は代官なんですから。
                 l__r‐
                       `i                       お天道様が西から昇っても、連中は年を越せねぇ。 そうだろ?
           _____ヽ==‐―'            /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l           /
                          `ヽ       /
                         弋ilililililililiツ
                       `'''''''''''´ .`ヽ
                                   ',
                                   ',




   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  ノ    __|
  /  -・-   -・- 
  |          |       ……それもそうだな。
  ヽ、   [+++━・ノ =3
    >     <        名主様に使者に発って貰って正式な御裁可をもらうべ。
   /        ヽ
   | l      l |
    ゝ|      lノ




 ノ_,、_ノノ,,孑 / ノ
彡从毛乂乍リソミヾ壬ミ
从彳川少匕从彳ミ川少<
毛仆卅从ミ从毛仆卅从彡
W从匕ミ弋幵W从匕弋乂
从乂lヽlミ\卅从乂lヽl\Wミ
从W毛彡厂''V'\ '    .∨
W从匕乂         ',
从卞弋V'      ',    , -',
災什人.        ', ii/少ミ}
升入    `゙ー-=_ノ_,t壬昨ノ   りょーかいです。
ミミ______ _, -壬少ノ rx゙".rxl
W    .`弋匕ミ少' { .', { .∨
/'     ` ̄´  _.', .',.', ',
∧        rx  .`', .',.', ',
. ∧.      r゙x X--‐'', .',l  ',
  `ー- ,_.   \\ \/', .',  lヽ
      `ー- .._ヽ ヽ `ー'   l ハ
          Y´ ヽ ヽ     l \





 泰三の提案通り、正式な使者として名主がドクオの元に向かった。


                    _______
                      _ ´::::::::::::::::::::二二ヽ:::::\__
                    ,. ´::::::::::::::::::::二二ニ丶::::::::::::::::\             
              /::ニ:::::::::::::::二二ニニ丶:::::::::::::::::::::::::ヽ            
                  ///::::::::::一=ニニ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::ハ.       
              /::/:::::::::―一=ニニ::::::::::::::::::::、::::ヽ::::::::!::::::|     
            _,/::::::ニ二:::::::::::::::::::二二ニ=::::::::::|:::::::|:::::::|::::八     
          /{:;:イ:X⌒ヾニ::::::::::=ニ二二::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::::::ハ    
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}    
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{    
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}    
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/        ……任せな。
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/

           洛垣村名主  立花薫




     /  ̄三ミ、
     (    三三)
.     ゝ   三ノ   
    とノ  三三|)
    / y  三三|
   (_人_ィ_ツ
        三三三三三
          三三三三三

名主が戻ってくるまでの間、やる夫はまんじりと家の中で過ごした。

フェイトや娘とも話さず、一人、部屋に篭った。





――五日後



    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |
    \           /   名主から事の仔細は聞いている。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |   独断で処断せず、分を弁えた身の処し方、褒めて遣わす。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |   





      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /    ――洛垣村代官として裁きを申し渡す。 身代没収の上、三名共に死罪。
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、  
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||




                _, -=========ー-、
               /              \
             /           ー--=、  \
             /            /  ヾ  `l
             |            ∥ ___ |   .|
             |            ヾー-ーナ   |
             |                    ヽ、   御意。
             |                 (,,_,,人)
             !、__,,,,,,__   __        ̄ ̄7
              〉___ __ ̄ ̄〈         /
             >三三三三》:.::.:.:..\    /´/




      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |
   ヽ   / ̄\  /
 ,,.....イ.\       /       ……情実は公義に先んずるべからず。
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |  \/゙(__)\,|  i |     これ以上は言わん。 遺漏無く執行せよ。
     >   ヽ. ハ  |   ||




                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |    御意。
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!



   河原に引き立てられた三人を、羽亜側出家・士分足軽 新側出やる夫が斬首した。

    見届け役は洛垣村代官・万度曲ドクオ。

    三人はやる夫に向かって何かを叫んだ。しかし、正確に聞き取れた者はその場に居た二人のみ。

    家族ですら、聞こうとはしなかった。




'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙  、_
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',,ィ!ゞヾゞYゞ   、                       ,,,,.ィ;;wリ゙W゛jリwj
":;;;wリ゙W゛jリwj从リj  从 MwM 从 ゙''、,,_.,.__,..,._,.,_.,...,_..,._,,.__,.,_.,,,,-‐'゛wj从 W:;.:从wW从リj
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw''"                ゙''、,,゛jリwj从リj  :;.:".:;.、,"'.:.:;,`
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'.、 ,:`:,,,,‐'゛' ~                    ,;    wwリ゙W;wリ゙W゛jリwj.:,:.:.
 `:、,, `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、 ,:                            `゙''、:::.. /⌒ヾ\  ,、从リj"::::::
 ''wリ゙.,.,.,.,..wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛         '    ,.;    ~' ',;   ''"'    `:、 |:   |_[|:. j从゛jリwj ,:`:、
 '' ;~'',;''',;' jリw j ;: ー''' "゙゙     ''"' ,,;              ~            ``|   |_[|:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
W゛jリ wj 从,,,,;~'',;''゚                       "       ~' '  ,;'',_」_, ., :|_[|:;.:;;wリ゙W゛jリwj".,:;、,"'.
,;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;  '゚ ;      ~' ',;   ''           ,            ~'   ''⌒`'^`リ゙W゛jリwjr'゛jリwjr'゛j:.
,;'',;''゚ ;~                      ,          ~     '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:::.. リwj'゚    ;
                    '゚,              ~' ',;''                     `゙'':::..wj
             ''"  '"   ~'              ,,       ,;''   ~   '゚   ;  ~' ',;''  `゙''、


 三人の遺体は村の寺に引き取られ、無縁仏として寺の片隅に纏めて葬られた。

 憚りがあったのか、小さな墓石に墓碑名は無く、彼岸の時期にも線香が上がる事は無かった。

 しかし――



                    ;-'''.、       ./'''ヽ   ___,
              ._     .l  .ヽ     ./   l  /  .l
              l  \  .|  .`、    ,'    .| /   l      ,,-,,
              `、  ,\ .l    .l   ./   l/   ./    ./  /
             __ .`、   \.|   |  ,'   /   /   ./  ../
            `、 `.`、    `、   .|  /  ./   /  /   /
  _,,-'''ー-,,_      `、  `..、   .',l、 .| l 、 /   ../ ./   / _,,-`>
  .\ `''-,,_  ̄''ー,,,_   `,、  ` .、   .....¦¦. _ ,, ./-'''`  ,,-''_,,-'''` /  ノ
    \  `''-,,_   `''ー-,,`,-,, ヾ `:::::::::::::::::::::::::;    _,,-_'',-''''  _,-'' _,,-'''
  ,,,,__  `-,、_  ̄''ー-,,,___   ヾl:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::l ,,=''''' ̄  ,,--''-''''
  .`-,,_ ̄`'''''ー------------- .`、:::;;;;;;;;;;;;;;;:::;::;ノ  --------,,,,,____
    `''-,,,_''  ,,,      _,,,,.-ー ''ー----'`'',,_-,,,,_          ヽ
        ̄`''''''''''''''''-ー-,,,_-''`____,,,, /  l.'、  `'' ,,_ ̄`''''''''ー'''''''' ̄
         ___,,,,,,-''''`''''ー''''   ./  .|.ヽ_,,  _,,ノ  .ノ
        '''''''''''' ̄ ̄        ./    l|   ̄   ̄
                     l   ./ |
                     `ー''  |.|          _
                             |.|       _,,-'''-''
                          l .l     ,,-''',,-'''
                          |.|   / ./
                           l、'、 / ./

         三人の命日には、必ず三輪の花が備えられていた。

         誰が供えたのかは不明とされ、詮索はされなかった。





           /                          ',
          /                               ',
        i                              .
        |                              i
        |                              |
        .                           
         '.                             }
           __',_______________      ノ
      /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\   /
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}/
     }二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ∧
     i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ

カテゴリ

リンク