FC2ブログ

やる夫スレ庫

私が読みやすいようにまとめてるだけです

やる夫は次男のようです

――落垣村 やる夫の知行地


..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""
;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';';.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.



                                   o     ,.'⌒ヽ、
                                      _ノ⌒´     )
                                     (_       〈
                                     .`ヽ、__    !
                      ,.-''"i"⌒) 彡          `"'ー'"
           ザッ        /   ヽ、_イ
                    < ,. -、   /   o .
            __            ,へ/  /.
::       /- - \      // `"'ー-'   ザッ        o
      / (● ●)\  //
      (   (_人_)  )//7'ヽ.    ,. -‐- 、.         .
       くヽr'::ヽ‐-‐'´:/⌒ヽ'"´ /  /
⌒ヽ,     \\::::::::::::〈   〈___,/ /            ⌒`"'ー'
  ⌒`"'ー'⌒く:\\:::::::::::'r-'" 彡  i              ⌒ ⌒   ,.'⌒ ヽ、
      ⊂[[二二\\二> 、   ,'   ,.    .'⌒ ⌒
ヽ     ⌒//:::::`T\\\  ヽ /     ______.     ,.'⌒ ヽ、 ___/ ̄`⌒ヽ
      rく::::::::::::::::::::::::::\\〉、  i    ,'"  ヽ    ⌒  `"   ⌒``"⌒" ___



                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   Ⅳ|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レ行仡fヾ八{ /xく/ |/  /   | j
                |  {{^ |   |!込,,ソ    イf巧トV  /   :/∨
                |   |ヽ.|   |   `      込,ソ/ /   /
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/
                |   l  |   |     r- _   / レ/           やる夫、休憩にしよ。
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │          
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|

             フェイト 16才


                   / \
                    く/ ) \
                / /:::::::::::\
         / ̄ ̄ ̄\/ \__;::-、ノ\
       / ─    ─ \   \   /
      /  (●)  (●)  \   ヽ/
      | u  (__人__)    |         ういっす。
      \    ` ⌒´ ノ⌒⌒ヾ  フキ      
    ./ / ` ー─γ     )) フキ
  /´ ̄ヾ        ヽ     ((
 ァ、ヽ`ン            )     ヽ
' /-'´           (

    やる夫 15才

 知行地を貰ったやる夫は妻のフェイトに畑を任せ、

自分は新田開墾に精を出していた。羽亜側出家に取り立てられて最初の春である。



             ,,..-‐'' " ̄ " ''ー-.._/ ニ__..=-‐ ´
           /    ./ .,     ´  ´ > 、
          /     ./  / ./ .// ,..、  ....___ `''ー---‐,'
          /    .,'  / ./ ./,' /',  .} | i ヽ tー '' ´
         ,'     ,'  ム,/i {,' .{ i ノ l| .i } .iヽ
         |  / ,/ l i .i|行心iハ | j/,'-jl. |. j  l ハ
         │ ,' /ヘ卜l| l{ 辷ツ ` /'仍.,'.i .l. !  }', .}
          .,'i.,' ,'込彳.i| |i丶     :ヒソ| i .i/j .ノ ,ソ
        / ,' ,' / { .i.| ハ     '  .ム〕/,'//
        ./ .,' ,' /  ハ_i.| _ハ.   `  - /.i. イ/
       / .,' ,' /,.:':´::::/::::::..ハ、   ,∠i .i |'          やっぱりさ、作った作物が全部自分達の物だと思うと、
      ./ .,' ,' イ/::::::::::i!:::::::::::lハ.` ¨  .} i .|
     / ./ ./l / ,'::::::::::::i!:::::::::::|', ',    .| l!│           張り合いがちがうね。田植えもサクサク進むよ。
    ./ ./ ./ ,'.{ ,|:::::y::::::i!:::::::::::!ム.ハ   { .i!.{
    / ./ ./ ,' i〈.|:::::|:::Y⌒:Y::::|. ヾ∧   マ.i!ハ
   ./ ./ ./i ,'i .i |::::|::::弋_乂:::|:\ ヾヘ   .} i! }


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /      裏作の麦と併せて良い実入りだお。
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

 当時、裏作の麦は年貢の対象外なので農家は稲作以上に力を入れていた。



        ___  ヾ 、       '  ̄ ̄  > 、
      /      >、ヽ, <           \ \
     ,ム-―‐‐ァ''" ̄`  ´           、   ヽ  ヽ
         /   /             ヽヽ   ',   ヽ
        /   /  /  i   、 、   .| i ',..',    i.   ',
      /   / {  ,' i .| i  | |ヽ ',   ,|__|_ト_',  .l i  i
  -=ニ二.  _/ ./  ',  | .| LL__|_|  ', ヒフ L||__l .l l`  l . |  l
       ̄ /../   ヽ | レK|ヾユ、ト',.  !'| ツ=丁;;`心、  レ、|.   |
        ,' /   / 'レ| .|ゝャ壬ヾ` / レ  l;;;;;;;ン/  レ1',   |
         | .|   ,'   '! i 〉/ {;;;;;;;',      己:ソ|   | ノ,'   |
         ! i|   ト,  !`ヽ、 て:ス      `"",イ   レイ   |
        || |   | ', i .',. ヽ` `"  、      / |   | . i|  |      でも、本当によかったの?
          '; ',  .| .i ト, |  ',      _ _     ./   ,'. .,'|   |
         ` \ .| l' ヽ|   ト          ,イ   / ,','  ,'       折角牛二頭いるのに、私の実家に一頭貸しちゃって……
           ヾ、   .|  .| |>     /イ  / //  ,イ
                     | i | | i.  | i ` /' /  /フ`、/ / |       馬も小作の人に……
                    | l | レ  ,'/ト‐/'水  //;;;;;;|‐- 、_ |
                   | | レ, < レヘ/ / /;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;; ̄`''‐- 、
                ,| / |;;;/;;,レ〉o /, ヘ/;;;;;;;;;;;ト、- 、;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ
            ,,,,<;;;ノ  ソ';;;;;;//〈,ヘ //;;;;;;;;;;;;;;;;;|  `,,,,、 、;;;;/;;;;;;;;;;;;|
             r";;;;;;;;;/ /;;;;;;;/ム- //へ、_,> " ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i |;;;;;;;;;;;;;;;|
             |;;i;;,,/ /;;;;>´//i;;;;///;;;;;;;;;>;、;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;/ | |;;;;;;;;;;;__|


       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    フェイトと二人だけなんだから今は遊ばせるだけだお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐      だったらフェイトの家と小作達に順番で貸した方が、村全体で考えたら効率良いお。
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿     貸し賃に麦五合入るし、良い小遣い稼ぎだお。
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ




.       / /   /  /          ヽ、 、 、  ヘ   ヽ
      / /  ./  / .| .| ハ  ヘ   ヘ ヘ ハ   ハ   ヘ
    ' i |   | | l   |. |l ヘ  l   | | . |  | }  l  ’
     | | |   l || ハ |, |  | 斗七卞下、|  l.ハ .ト、 .|
     | | |  _|斗七二下 l | .| ム斗=ェムイ j ,イ  j | ヽj
     | | |   l、 lィ示ニゝ、l`ヽ.レ''イ::::J::| 〉イ. / j. ,イ j  '
     | | |   |ック{:::::J;::l `    弋益リ '/ /|  / j /
    | l |   トヾ弋斗='      ,,,,,, /イ.|/ / ハ        そっか……ありがとうね、やる夫。
    | l |   トヽ、,,,,,       '       j. レ /イ ハ
     ,ヘ |   L_ `     、  ア    / λ  ヘ、 ハ       お父さん達すごく喜んでた。
     } '|   |ヘ>,           /    ハ   ヽ. ハ
     | .|   | ヘ ハ >     イ |    | ヘ    \ハ      今年の収穫次第で寄り合い株取り戻せるかもって言ってたよ。
     | .|   l  ヘ 入    _,ンヌヾl    |   ヘ.   `ハ
     | .|   |>イ:.| ト、フ<´   ,.イ    .|><ヘ_  ハ
   ,.ィァ不   .ィ'ツ:.:.タハ丁}  , ィ /:.|    |=‐-、_/>.、ハ
  /::/ー'‐l.    |/:.:.:/イ/ 入 ー' /:.: j   |::.::.::.::.>´::.::.`ヘ
. /::.::.{::.::.:: l.    |:.:.:/ r',.イヽ. \/:./     |::.::.::./::.::.::.::.::.::.:ヘ


        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \       なによりだお。
  |  /// (__人__) ///   |
. (⌒)              (⌒)     もし、今年の戦でまた牛か馬が貰えたら、フェイトの家に下げ払っても良いお。
./ i\            /i ヽ





     /  `丶、    、     へ       _ `-────- 、
     l /         l  \丶  、 \                ` 、
    /      │  ト、  ヾヽ _.丶、 `_丶_、     __ -──    \
   /    /  │ ! l、 l \ ,斗弋l `ー、-┬_-‐ ' ´、、 ヽ、
.  / ,.イ  l    l__ ! l lヽ l   ヽォ=〒= 、 ヽ l -ヽ     ヽヽ  /` - _
  l / l  l  l l、 l,.ニ=zヽl     l,、。`´}/ i |〉 l      |::|  l    ` - _
  ll │  l  l l./ l_.゙ーi  l    ヾ- ク,   リ /       |::| l        `       本当!?
  l  l   l、 ト、lヽ r゙._.l     ´  ̄/// j´l l       |::| l
    l   l ヽl ヽ、 ゝ'′ ノ        /:::l l      |::| l
    ヽ l   l  l./// 、.,-‐ -、     .::::::l l        |::| ヽ
     ヽl   丶 、 \  ヽ   ノ   /:::::/ l        |::|  丶
           ヽ ヽ 丶. `ー'′/ ""-ニ_.l,'.ヽ、     ヽヽ  \
           \l`ー l` ー '´      |::{::l - _` ー- .._ヽヽ   \
                /ヽ、       |:::ヽ:ヽ、  ̄ '' ‐- ┘    ヽ
                 ヾ\\        \:::\:丶、


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   本当だお。
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /    親戚割引で分割もおkだお。
       ̄ ̄ ̄




   , ィ'    ,                      ヽ
ー '     /                           ヽ
     /                     ヽ     丶
   ,/    r-―                    ヽ      l
 ̄ イ     |         ,、         ヽ    `、   l
/ /     |  r      / ヽ    ,    l   ヽ   |
レ /   ,    l  {     ,  l   ヽ   イ  l、 |   '、   l
. イ   /    《 |/` ,  i  |    } /-l―|-|| |   l   l
.l   /      l /  /  |  l    | ,´  |  l l |   |   |
l    l     l  l.l .r-l― lヽ、丶   |/  __|__/_リl   l    l      や~ん!
.|   ll    l   l.l l l ヽl l___  `     三三三、l   i    l
.`、  l l   |   |l ` 三二三,        ̄ ̄ ̄ |   l    l      もうやる夫ってばサイコー!
 ヽ | l   l  |l  ̄ ̄         ////// |    .|    |
  `、 l 、  |  | l //////             l   |    |      今晩サービスしちゃう!
   \ 丶  |  | {              _   |    |    |
      ヽ、 | l  ヽ      r ー - ― _´ノ /l    |     |
       |ヽ, |   l` 、 _ ` -_ _= -、 <_´_ _l    |    |
       |  `|   |  /l~'=i,,,,r'° |::::::::::::::::l    l― 、 |
.         |  |    l/:::::|  /  ゙ヽ |::::::::::::::::|   i:::::::::::`ヽ


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/   おっおっwww
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ    今晩と言わずお昼の運動でも一向に構わんお!
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




            +
   |\        /|
 + |  \──< . |
   レ  .,,_    _,,. |
  /  <;:ッソ`' '"l;:ッソ>
  |           |   仲睦まじい御様子ですなあ!
  ヽ、   マフ  ノ
 +  >      <  +   結構結構!



              , -―ー- 、
            /ノ  ヽ、_  ヽ て
           '==   ===   、 そ
          ' =    ==   l
            {  〈_,ィ、_,ノ      }
          、.  レ'_,ノ     .. ノ     いつの間にっ!?
           >        <、
          / ー―- .、   r 、 ヽ、
           `ー―- 、_ノ   l  \  \
           ,'           l   ヽ _,ノ
            l          |


   |\        /|
   |  \──< . |   
   レ  ノ    ゝ_|
  / -=・=-  -=・=-   ちょうど今来た所ですので
  |    γ`ヽ  |
  ヽ、   /  | ノ      お構いなく。あ、何なら続きもいいのよ?
    >ノ   ノ <




              ./ /  /       、    、   \
             / /  /  /  ∧  | ', 、 ∨     ハ
              | ,  ; / /  /  V l  ! !  |  、 ヽ |
              | l  | | ハ _|_|  |_」...」 _| |   :| |
              | |   |:イ:「ヘ∧|   j/l /l./「  |  |  |∨
              | |   | |Vx:==ミ   r=ミ l /|  | ./
              | |   トゝ′     ,    ノ/| |/|/
              | |  lヘ、    __ _    ハ |       捻り潰すぞこのお邪魔虫
              | |   | }\      /|   |
              | |   ∨\ > 、- イ |、|   |       (もう村役さんったらっ! 恥ずかしい!)
              | |,、く   `ー 、_ |ヘ | |   |
               |/i:::::ヽ       /´∨ヘ>、,_|
          _.,、-"´:::::l::::::::::ヽ.   ∧;;;;;;;ト∧:::ヘ:`ー-,ー..、
        ,:´::`:::、::::::、::i::::::::::::ヘ / \;;入∧:::::ヘ::::::i::::::::'.,
        i::::::::::::::::`::ヘil:::::::::::::::ヘ´    i;;;;;;ヘ ∨::::ヘ::i:::::::::::',


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




   |\        /|
   |  \──< . |
   レ        |
  /   ^    ^  ',    お邪魔虫ごめんね。
  |     ___   |
  ヽ、   \/  ノ    水の事でちょっと話がありますんで。
    >      <



   |\        /|
   |  \──< . |
   レ        |
  /   ●   ● ',  代官様の勧めで、村の人間合同で開墾が決まったのよ。
  |           |
  ヽ、  マフ   ノ    それで新たに作る田畑に水引くから許可が欲しいのです。
    >      <
                 いかがでしょ?





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   大いに結構だお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    合同って事だけど、開墾した田畑の所有権はどうなるんだお?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  /   \|
  /   ●   ● ',
  |          |   ちょっとモメたけど、実入りの少ない順番に渡すのが決まった。
  ヽ、    ∩ノ ⊃
  /     / _ノ   開墾に協力した家は年貢を一部減免するって条件で。
  |  \/ ./_ノ │
  \  “ /__|  |   小作は借金の一部棒引きで田畑自体の分配はなしでフィニッシュです。




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  妥当な落とし所だお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   ……合同って事はやる夫達も参加した方がいいのかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



   |\        /|
   |  \──< . |
   レ  _ノ......ー- |   ……申し訳ないけど、
  /   Θ:::::::::::Θ ',
  |. u         |   士分のやる夫様が入ると、分配で配慮しなきゃいけなくなるんで
  ヽ、   -==-  ノ
    >      <    遠慮してもらえませんかね?



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  勿論だお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐    やる夫も自分の知行の開墾で忙しいから、気にせんで欲しいお。
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ




            +
   |\        /|
 + |  \──< . |
   レ  .,,_    _,,. |
  /  <;:ッソ`' '"l;:ッソ>   ありがとうございます!
  |           |
  ヽ、   マフ  ノ   いやーさすが代官様の寄子!
 +  >      <  +


      ____
    /―  ―\
   /  ⌒   ⌒ \    ミエミエのヨイショですねわかります。
 /    _ノ 、_! ヽ  \
 |      トェェェイ     |  やる夫が貸し出してる牛と馬も使って良いお。
 \     ヽニソ    /
                 やる夫は見てないって事にしてね。



   |\        /|
   |  \──< . |
   レ        |
  /   ^    ^  ',
  |     ___   |    OKOK。
  ヽ、   \/  ノ
    >      <     見えないように配慮します。




   |\        /|
   |  \──< . |
   レノゝ       |
  / ⌒ ^    ^  ',
  |     ___  ノゝ|    ……で、参加する家ですが、あの一家はハブでいいよね?
  ヽ、ノゝ \/ ⌒ノ
    >      <     



         /   |   /      ,          、  |     ゝ
           /   │  /,―i- _,ri  |   , r、     ヽ、ヽ、   ヽ
        /    丿l ./i|  / / /l`iヽ| i´ /::::::|  l ヽ  ヽ  ヽ.   丶
       /    /} | .l |'示l==ミ、 | | / :::::::::!   |  |   `、   ヽ    `、
       /    l l .| .| l ll、|_イcハ || /  ::::::ノ  l  |    ヽ  ゝー ―` ー
      /    | | │ l .l l  ``   、l|  :::/ / |  | ゙l |   } │
      /     ヾ| | │ll|ゝ     ヾ ::::/ / ,l  / l |   |  l
     /       .| | |ヽ|.      , :::ノ//   / / l /| i /
   /   /    | | .|:       _  :::: //  / |/ |/  レ
  /    _______'| !  |:      `  :: レ  イ  /レ          当然でしょ。
. r=ニiiニ┴ー亠――.| |  リ、 ヽ     ,/ /  /  /
,/  ___   -r‐‐  |l゙  ト `ヽ ゝ - イ_ ./  / /             参加させて年貢の減免なんてさせるもんですか。
  /          |l゙   | 丶/ Vヽノ ̄ /  /|/
.,/          广  ゙ll.、  ∧ |` /  /\


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   ……それはダメだお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \    村の合同でやる以上、ハブはいかんお。
 /´             ヽ
                    あの身代で参加させない理由は無いお。



             /        /       \ / 二ニ=‐―
           /           /    /         ̄ ヽ、
           .         i    / / / /    、   ヽ、____
            ,′           |   / / / / /ヽ‘, ヽ____/
         ′    /  r 、 |   i/ ≧ュ、___/ /  .  ヘ
           i     /  {   :!    || 《えュ、/ / } l  l ヘ
           |:     /  ヘ  :|    |   ら /  r、/ /  }', i
           |    /     :l  |    |   ゞ/  ん' / }  i i |
           |:   /  /   :l  |    |:      {/ / i  ! リ
           |  /  /     : |   !      ゝ/ :| /
           |: /  /    /  :|    |    ー,イ /  | /       やる夫は悔しくないの?
           |/  /    /   |    |   /И   И
           |  /   ノ     |    | ___/ |              散々やる夫を苛めておいて……
           |: /  /\    :|    ||   :!
           |/‐=7: :{   \  !:  |   |
     ,x≦    |: : ヘ    / |    | {   :|
,x≦    > ´:.:.:.:|: : :.ヘ  /ゞ !:  |i   :|
\  >:.:.´:.:.:.:.:.:.: : |: : :.:.:.Ⅵ〈 /|    |:. ‘, !、


                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \   もう赤の他人だから関係ないお。
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/    それに私的な理由での報復は禁止って言われてるんだお。
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i       「正当な理由も無しに参加させなかった」は私的な報復だお。
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ        だから村役も公平にしてくれお。でなきゃ水の利用は許可できんお。
             !、___!、_____つ


   |\        /|
   |  \──< . |  ギリギリ
   レ l `.、   , .フ
  /  = ` " = ',
  |     ,_,_,_,   |     ……わかりました。やる夫さんがそこまで言うなら
  ヽ、   , , ,┃ ノ
    >      <      村役である、私も私心は一旦置きましょう。

                   (絶対に許さんがな!)



   |\        /|
   |  \──< . |
   レ        |
  /   ●   ● ',   /⌒ヽ_ノ) ) )  では書状の作成をお願いします。
  |           |   ,' ;'⌒'ー''´
  ヽ、  \ーェェァt ノ   | i|   .|      
    >  、\_ `ヽ  ノ ,'.!   .i
           \.、_>'´ ノ'´U


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \   またかお……苦手なんですけど。
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


   |\        /|
   |  \──< . |
   レ        |
  /  -・-   -・-    お前以外の誰がお墨付き与えるんだよ?
  |          |
  ヽ、   [+++━・ノ    公文書偽造は打ち首。つまりお前以外が作成したら俺がチョンパなの。
    >     <
   /        ヽ    苦手とか言ってねぇでキリキリ書け。
   | l      l |
    ゝ|      lノ



 ドクオが水利権をやる夫に渡したのは、寄親寄子の情実関係だけではない。



――代官の憂鬱

   _____
 /         ( ;;;;(
/    /   \   ) ;;;;)
|       /ヽ   /;;/
|      / ̄丶  l;;,´.|    三ヶ村も受け持ってるとな、毎日の書状も馬鹿にならねぇんだよ。
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |     年貢の出納に始まり、水利関係の調整と認可。土地の権利やら跡目相続の確認……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /      


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |    /    \ ヽ
     | ノ(    /\.   |     それに加えて訴訟の調停と仲裁!
     | ⌒  /  ̄ヽ  |
     \           /l!| !   挙句の果てには小銭の貸す貸さないの証文!
     /         \ |i
   /        ヽ !l ヽi    俺の仕事は代官だけじゃねーんだよ!
   (   丶- 、     しE |そ
    `ー、_ノ   Σ  l、E ノ <
            レY^V^ヽl




             ,r-──-、
           /      ヽ_
          /     ij  〉l^l^)
          l  /  \  //ノ ソl
          ハ  /\    /   /           戦に備えて訓練もある。
         /   / ̄ヽ  l    lヽ
        /  ヘ \_    ム   イ  `ー─-、      殿やでっていう達同僚との詮議や評定もある。
       /   /       ´ |   .l    /   ∨
      /    /   ヘ     l   |   ,'     l     ついでに部下の勤務評価も俺の仕事だ……書状が減らない。
    .  /   ,'   ∧     |   | ノ     ハ
      /    .l   / ヽ    |    レ'    ノ l
    /     l  ノ   ヽ   |        /  }
   ∧     / ,〆     ヘ  l      /   l
    ヽ、_,ノ'´         ∨l      /   ノ
                 ', |     /    ,'
                   ト、   ノ     ノ
                     `ー'


          ____
          /      \
         / _|_|_ /  ヽ ヽ
         | _|_|_   /|   |
         ヽ| |   / ̄|  /           故に! これは情実ではない!
         \     _/ i |i |
         /⌒      ヽ | || |  |       やる夫に士分の意味を理解させるための教育!
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i       水利権の調整と認可を通して、侍の仕事は戦だけではないと知らしめる為の
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \        寄親としての親心! 決して仕事の丸投げではない!
       |   | |       ノ  \   \__
      || || ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ  部下の育成の一環……そうだ! これはやる夫の為なんだ!
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)
                                  


                                                        ――以上、足軽大将兼三ヶ村代官 D.M氏の主張でした




         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |       漢字も使わなきゃダメとか拷問だお……
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ドクオの親心が通じたのか、やる夫は読み書きを何とか身に付けつつあった。


.       / /   /  /          ヽ、 、 、  ヘ   ヽ
      / /  ./  / .| .| ハ  ヘ   ヘ ヘ ハ   ハ   ヘ
    ' i |   | | l   |. |l ヘ  l   | | . |  | }  l  ’
     | | |   l || ハ |, |  | 斗七卞下、|  l.ハ .ト、 .|
     | | |  _|斗七二下 l | .| ム斗=ェムイ j ,イ  j | ヽj
     | | |   l、 lィ示ニゝ、l`ヽ.レ''イ::::J::| 〉イ. / j. ,イ j  '
     | | |   |ック{:::::J;::l `    弋益リ '/ /|  / j /
    | l |   トヾ弋斗='      ,,,,,, /イ.|/ / ハ
    | l |   トヽ、,,,,,       '       j. レ /イ ハ      私も手伝うからがんばって、やる夫!
     ,ヘ |   L_ `     、  ア    / λ  ヘ、 ハ
     } '|   |ヘ>,           /    ハ   ヽ. ハ
     | .|   | ヘ ハ >     イ |    | ヘ    \ハ
     | .|   l  ヘ 入    _,ンヌヾl    |   ヘ.   `ハ
     | .|   |>イ:.| ト、フ<´   ,.イ    .|><ヘ_  ハ
   ,.ィァ不   .ィ'ツ:.:.タハ丁}  , ィ /:.|    |=‐-、_/>.、ハ
  /::/ー'‐l.    |/:.:.:/イ/ 入 ー' /:.: j   |::.::.::.::.>´::.::.`ヘ
. /::.::.{::.::.:: l.    |:.:.:/ r',.イヽ. \/:./     |::.::.::./::.::.::.::.::.::.:ヘ

  フェイトが読み書きを知っていたのも大きな要因である。




   |\        /|
   | u\──< . |
   レ  ノ  u ゝ_|
  /  ●    ● ',
  |u          |    ……これ嫁さんの字じゃね?
  ヽ、u      uノ
    >     <


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   アーアーキコエナーイ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \      署名はやる夫の字でしょ?






   _____
 /         ( ;;;;(
/             ) ;;;;)
|  ij    /   \ /;;/
|        /ヽ  l;;,´.|
/     ∩ノ ⊃━・'/    ……問題なし。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     体裁が整ってりゃ多少は目を瞑ってやれ。
  \ /___ /



 上司の理解と黙認もあり、やる夫は日々の開墾と水利権の仕事をこなしていった。



―― 十五の秋



..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""
;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';';.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.


                    ,  -―  ―- 、
                 /            \
           /              \
              /                  ヽ
          /                    、
           /             ー―'      |
        /          rc、、   、     、  |
        |            ヽ\\  丶     ヽ. |
        |            l//|.\ン        |
        |             .! j     /、─   /   努力の結晶だお……
      _ . イ三三ニ=、     ノ/´゜    \\ /
    ∠三三三三三三ハ:    /。゚        !ヽJ
  /三三三三三三三ニ| \ノ/ ヽ__,ノ、__j   し'
. /三三三三三三三三ニ|\ゝ'、         ノ
. /三三三三、三三三三ニ|  \/|`ー―― '
/三三三三三、三三三三jレ‐´ ̄ヽ三ヽ
三三三三三三',三三三=|´三ニ=、 `}三ニ、

  元の一反の水田は金色の海原となり、

   開墾に精をだした荒地は併せて二反四畝の田畑となった。




            ̄二ニ=.、,.                           ヽ
            /                                 ∨
          /     ./  /  ./           i    !         V
   __ _,. ‐'´ /    ,'  ,'  ,'  {  l/  ヘ   !    | i   i     l
   `ヽ、__/ /       {  {  ,| { l  /  | . !    ! |   !      l
        / / イ   /  ! |  | / | ム!|| |'   l .  l ヽ├-」}_}_ }:!  |    |
   .    / / .l   /   | {  | |'´レ  lレ l   l  リl .l| l /  `||、 リ    |
       |イ   l   l    | ',  |´!| _x≦ ヘ !   ! / l/ ≠l:/ミXリ }: !    |
        |   |   l   { 从 | 乂≠云` ヽ|   | /   ' 〃:_:::ハヾ.|/│    |
          '..,  ト、 l   从 { ト 〃f::::f^):::}           {:::{ )rう }} !  ;'  |
   .       ヽ|. \ト    ヘ ハ人 { 乂:::rうノ            ゝ==イ ア } /   |
.              i    | i  と二つ¨ ....:::::::::::::::::::::::::....`に二つリ  /     |     このお米が全部私達の物……
                 | /  lハハ  ゚o /ij////  ,  //////ij/ ゚o/    |
               | ,'  | l 小`。  ;l               || / /     |     凄い……生きててよかった……!
.                l l   |  |い   ゚               .i! ハ      |
              l ヽ  l  :=込.       (二二)      :; イ   l   |
              /::::::::::::::::::::\>                  。イ.|   i    |
             /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\> .         升:l |   |   |


       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \     さあ刈り入れだお。
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ    終わったら次は麦だお。
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;   次はこの田畑に麦が実るんだお……!
  ;|::::::::::::::       イ ;




            ̄二ニ=.、,.                           ヽ
            /                                 ∨
          /     ./  /  ./           i    !         V
   __ _,. ‐'´ /    ,'  ,'  ,'  {  l/  ヘ   !    | i   i     l
   `ヽ、__/ /       {  {  ,| { l  /  | . !    ! |   !      l
        / / イ   /  ! |  | / | ム!|| |'   l .  l ヽ├-」}_}_ }:!  |    |
   .    / / .l   /   | {  | |'´レ  lレ l   l  リl .l| l /  `||、 リ    |
       |イ   l   l    | ',  |´!| _x≦ ヘ !   ! / l/ ≠l:/ミXリ }: !    |
        |   |   l   { 从 | 乂≠云` ヽ|   | /   ' 〃:_:::ハヾ.|/│    |
          '..,  ト、 l   从 { ト 〃f::::f^):::}           {:::{ )rう }} !  ;'  |
   .       ヽ|. \ト    ヘ ハ人 { 乂:::rうノ            ゝ==イ ア } /   |
.              i    | i  と二つ¨ ....:::::::::::::::::::::::::....`に二つリ  /     |     うんっ!
                 | /  lハハ  ゚o /ij////  ,  //////ij/ ゚o/    |
               | ,'  | l 小`。  ;l               || / /     |     
.                l l   |  |い   ゚               .i! ハ      |
              l ヽ  l  :=込.       (二二)      :; イ   l   |
              /::::::::::::::::::::\>                  。イ.|   i    |
             /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\> .         升:l |   |   |



     脱穀し、籾を取り去った玄米を、二人は1合だけ搗精し、胚芽を取り除いた純白の米を炊いて食した。

     二人にとって初めての、そして思いつく限りの贅沢だった。




          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;
      ;/   o゚((○) ((○)゚o
      ;l        (__人__)   |;  次男坊のやる夫が白米……!
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;




ヾ、\ヽ |     /  l   |   ハ l  ヽ   l  ',   ',   ヽ、   ヽ
ヽ、 ヾ、,|    ,'!  .|  .|!  ,'  ',|   l   |  l    |    ヽ 、   ヽ
´`ヽ、ー.|     !|  |  ||  l   l!   l   l  l    |     ', `ヽ、 \
 (ヾ ∨ |    l! _|__|__,.)!   l ',  l  |  |    |     .l    ` ー\
  ニヽ∨!    |´  l',  |l /レ   |`ー-|‐"/´` /!   |       |
 ヽ、 〈 .',|   | ! ヽ、|ヽ .l/    | | /!/ | / l   .|       |
、  j l、 |  ,_|,..l___`__,./     ,|/___,.._,|/リ|   / ヽ,    l
 ヽ、__   | ´.|´とつ´```      ´´`○/./|/ |  /   \   |
   /   |  | |          、      彡' / |.| ,/.      \ |
 /.    |  | |           '    /   | /         リ   こんなに甘くておいしいんだね。
人:::::\  !  ! |     ___ ,    /|    |
::::::::::::::::\|  | |.    ー`- '  _,. イ   |    |
:::::::::::::::::::::|  | |::..、_   _,.. -    |  |    |
:::::::::::::::::::::|  | |:// ` ー".     .|  |    |


  二人にとって、銀を食べたと自慢に値する食事。

 来年もまた食べよう、その為にもっともっと頑張ろう……そう誓わせるに値する口福だった。




――戦争のお時間

                              _,,
                  ____ .      l;l
              .  /       \   _,_,|,|_,
               /   /   ヽ  ヽ ト-=y  丶
              . |     /|     | ヽ `i, ̄‐^l
              . ヽ.   / ̄|    /   ヾ~ `  i,
                ヽ     _/   ヽ、   ;i,    季節到来ってか。
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i     寄り子と各村に召集だせ。
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|


    畑に麦を撒き終わった頃、季節が到来した。



                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.       フェイト、留守を頼むお。
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.

   やる夫のもうひとつの仕事、足軽士分・新側出やる夫の季節である。




                         _ ,  ......  、_
             _,..  --  、 , イ ´      /_  '.,ミ、
           /´  _ .. ___`ヽ       ´ ´  ', ', `ヽ
          /, ィ ´≧´     , -        、    ! i   `i
        〃´  }´  //  /  .i  ヽ    ム     .! i    .l
             l  /  {   l   .l   ',   .}、   ! i   .l
                 } /  ,i   i    i  .∧   .l ヽ   ! i    l,
             j.,'  ,' i   i i、 i、 .{ '.,} i l  ヽ  リl    li
              l.l  .l i   iヾ, .i_ヽ l  ノノ, !'´ ̄.} ノ    l!
               / l   ハ .ト,  i ヾリ __ヾ  / }/ , =弐.、 } ./  l.i
              / .ハ  .l .i .ハ  l., ,ィ≠、ゝ ,/ "    / /  .l.i
          彡イ ', .{ i i. ヽ .{ "           ゞイ i  l i     やる夫!
                .', ハ ヾ  ト,.iミt-      '      ./l i  l. ム
                   ', { i\  ムヾ∧    ‐ ‐ ァ  ./i l i  l  ム    武運を祈ってるからね!
               ヾ.i i \ \ i >  ` ー  イlマi.l l  l  ム
                  ,ィj j i. `ミー i ∧ }> - ´ィ:/.l .l  l    ム
             /r Y`Y.ヽ _, -ノ  ム:::::::::::: ,<  .l .l  l._   ム
           ,ィ彡´\. \ヽ \.  {  ,イ\::::::;<}   l ,′ .l  > t、 \
         /,イ  八 \ |.ハ._ヾー‐'´//::::::{/∧  .{ i   l   / ,ハ_`ー-、
        ./_,,,l  .ノ __,\.ゞ´{´: : :/ー.イ/:::::::::::〈人 マ´ 〉,{   l   /   ハ: ̄ハ
       / {::r|_... ィ..´: : : | / .|_,.イ//::::::::rー´ノ 〉 / 人  ム ./   ハ: /:ム

   侍の妻は夫を送り出すときは笑顔で見送れ。 祝言の後、村に来たドクオに諭された通り、
 
   フェイトはやる夫を笑顔で見送った。 不安と寂しさを押し殺して。

カテゴリ

リンク